エッチのテクニックを解説します

できる男になるためのサイトです

 

   【無料ビデオ】快感のために女性がアソコを手術?究極の膣オーガズムとは

 


■意外に知られていない性感帯の真実

 

(1)実は、膣は鈍感である     ピストン運動は無意味だった!?

 

(2)【図解】女性器の仕組み   クリトリスの97%は女性の体内にある。

 

(3)性感帯を敏感にする条件  恋愛とセックスを切り離せない理由。

 


■「なんとなくピストン運動」から脱出する

 

(4)性の大家のピストン運動  大正生まれの研究者が編み出した性技

 

(5)ピストン運動は「引く」    「もっと突いて!」というセリフは大嘘!?

 

(6)膣内の性感帯は3つある  本当に気持ちいいところは一部だった。

 


■愛撫の達人になるために・・・

 

(7)本当に気持ちいい愛撫   産毛を逆立てるのが重要だった!?

 

(8)快感が倍増する2点責め  上級テク。愛撫の神髄がここにある。

 

(9)SEXの主役は愛撫である   遺伝子に刻まれた、生き残りの戦略。

 

 

テクニック系のコンテンツ

 

■ピストン運動

サンプルサイト

 

実は、膣では感じていない

 

 

膣内の性感帯は3つある

 

 

性の大家が説いたピストン運動

 

■マインド

サンプルサイト

 

キスはセックスのスイッチである

 

 

性感帯を敏感にするのは感情

 

 

セックス上達のコツは「観察力」

■キスと言葉

サンプルサイト

 

基本的なキスのやり方の注意点

 

 

ディープキスのやり方と注意点

 

 

例文で学ぶセックス中の会話

■とろける愛撫

サンプルサイト

 

前戯の流れ、鉄則、その目的

 

 

本当に気持ちい愛撫のやり方

 

 

快感を高める焦らしのテクニック

 

 

■フィンガーテクニック

サンプルサイト

 

クリトリス愛撫のやり方

 

 

正しい手マンのやり方

 

 

SEXの快感が倍増する2点責め

 

■Gスポット、ポルチオ

サンプルサイト

 

Gスポットを狙うピストン運動

 

 

ポルチオを狙うピストン運動

 

 

潮吹きのメカニズム、やり方

 

■体位

サンプルサイト

 

正常位の基本とやり方

 

 

騎乗位の基本とやり方

 

 

後背位の基本とやり方

■愛を深めるために

 

セックスの主役は愛撫である

 

 

女性がSEXに求めていること

 

 

SEXの質を高める後戯のやり方

 

 

悩み・疑問系のコンテンツ

 

■男の悩み

 

ペニスは小さくてもいい

 

 

包茎手術は必要ない

 

 

早漏の原因と対処法

■女のカラダの疑問

 

SEXすると女性はキレイになる

 

 

巨乳は感じにくい説は本当?

 

 

性器が黒いと遊んでいる証拠?

 

 

■SEXの疑問

 

腹上死は本当にあるのか?

 

 

SEXとオナニーの快感の違い

 

 

賢者モードとは、なんなのか?

■雑学

 

SEXし過ぎるとバカになる?

 

 

メンソール煙草でインポ?

 

 

処女膜は「膜」ではなかった

 

 

当サイトのコンセプト

 


おそらく、日本人男性のほとんどがアダルトビデオを「エッチの教科書」にしていることでしょう。



しかし、アダルトビデオの撮影では、演技指導のスタッフがおり、「ピストン運動⇒カメラを止め



て演技指導⇒再びピスト運動⇒監督の指示で即射精」という流れで撮影しています。また、「女優


は指示を受けて、あえぎ声を出したり、イッたふりをします。つまり、AVは立派な映画なのです。

 

 

決して、カメラを「長回し」して、男女がセックスしているのを撮影しているわけではありません。「脚


本」も「演技」も「流れ」もあるお芝居なのです。完全なるフィクション。しかし、悲しいことに、日本の


性教育は「臭いものにフタを」式なので、中高生は性を漠然としたイメージでしか想像できません。



 

そこに、アダルトビデオがすっと入り込むわけですから、無意識にせよ、意識的にせよ、AVによっ


て教育されるのは、ごくごく自然なことなのです。しかし、前述のとおり、残念ながら「映画」に過ぎ


ないのも事実。女性の満足とは、ほど遠いのです。当サイトでは、科学的な知見を元に、なるべく



「セックスの実像」に迫り、真の技術を探求することを目的にしています。おそらく、先入観を


覆されることでしょう。この場合、実際にSEXをすることによって、確かめて頂くのがベストです。


当サイトにより、男性諸君が「本当に気持ちいいSEX」ができる男になれることを願っています。


 

当サイトの注意点

 


残念ながら、万人に通じるセックステクニックはありません。女性の身体の性感や特徴は千差万別


であり、法則化できるものではありません。そのため、当サイトとの記述も万能ではありません。


 

本当のテクニックは相手の女性によって異なります。女性にAという技術を試して、反応を見ます。


それでダメなら、Bという技術を試します。それでもダメなら、Cを試して、ようやく良い反応がある。


当サイトは、そのAであり、Bであり、Cでしかありません。複数ある可能性のひとつに過ぎません。


 

絶対にやってはいけないのは、ノウハウを基準に女性を見ることです。Aという技術を試して、


反応がなければ、「なぜ、この女は感じないのだろうか?」と悩んでしまう。これが最低なのです。


 

なぜなら、女性への「観察」が抜け落ちているからです。ノウハウばかり見て、女性を見ない。


下手をするとノウハウの問題なのに、感じない女性を問題にする。これでは成長はあり得ません。


当サイトは、あくまでA、B、Cの可能性です。どれが有効かを見決めるのは男性側の責任です。