性感帯はどこにあるのか?

【図解】女性の性感帯の場所

 

 

 

 

 性感帯とは、ズバリ「神経の多い」場所のことです。性感帯はくすぐったいところという俗説がありますが、これも神経が集中しているためです。そのため、愛撫をされるとくすぐったくて仕方なかった場所でも、繰り返し愛撫をすると性感帯になることがあります。開発されるのです。

 

 以下が、一般的な女性の性感帯を示したイラストです。”一般的”と言うのは「医学的には、だいたいこのあたりに神経が集中している」という意味です。したがって、初めての女性とセックスする場合は、下記の性感帯に重点を置くのが賢明です。その人のツボは後から探りましょう。

 

 

なぜ、気持ちいい場所には個人差があるのか?

 

 

答えは簡単です。神経の分布には個人差があるからです。事実、乳首がまったく感じない女性もいますし、すごく敏感な女性もいます。わき腹が感じる人もいれば、へその周りが感じる女性もいます。千差万別なのです。

 

私の経験で恐縮ですが、以前、ある女性の足の裏を舐めたら、腰をのけぞらせて悦び、さらに求めてきました。

 

彼女いわく「足の裏がすごく気持ちいいんだけど、変態っぽいから、なかなか言い出せないの」だそうです。

 

 

また、「マイスナー小体」と言われる感覚器官も見逃せません。マイスナー小体とは、軽いタッチのような感覚を感じ取る器官のことで、愛撫のぬくもりを受け取っています。一般的には、唇や性器周辺に集中しているのですが、それ以外の場所では、分布の場所に個体差があります。

 

ことほどさように、女性によって性感帯はまったく異なるのです。したがって、その女性の究極のポイントはSEXを繰り返すことによって探るしかありません。いろいろな場所を試して、女性の反応を観察して、確かめるかしかないのです。ここがSEXの難しさであり、醍醐味なのです。

 

 

   

 

 

万人に共通するのはクリトリス

 

 

ただし、誰にでも感じる性感帯があります。クリトリスです。性的興奮を得るためだけに存在すると言われているほどで、性感帯の親玉と言っても過言ではありません。

 

膣やアナルのように開発する必要もなく、先天的に気持ちよさを得ることができる性感帯です。子供の頃からオナニーをしている女性もいますが、たいていは、クリトリスを触って、その気持ちよさに目覚めているようです。

 

 

ただし、このクリトリスにも「感じる部分」と「あまり感じない部分」の両方があります。クリトリスの「右下」が気持ちいい女性もいれば、「右上」が気持ちいい女性もいます。初心者はあまり気にせず愛撫しても構いませんが、さらなる高みを目指す場合は、この点にも注意しましょう。

 

性感帯が集まる場所が性感帯。まずは、定番の場所を愛撫しよう。
ただし、性感帯には個人差がある。敏感な場所は、自分で探るしかない。
万人に共通する性感帯はクリトリス。ただし、クリの中にも「感じる場所」と「あまり感じない場所」がある。

カテゴリ一覧