セックスと遺伝子の関係

女性がSEXに求めていること

 

 

 

 

 

女性はSEXに精神的なモノを求めているとは、しばしば語られていることです。おおむね正しいですが、少し踏み込んでみましょう。遺伝子の視点から見てみます。

 

話は原始時代にさかのぼります。かつて、人間は生存するのに大変な困難がありました。よく言われるように、飢餓や病死、凍死、外敵による危険があったのですね。当然、SEXも危険な環境に最適化されているのです。

 

 

男性であれば、自分の子孫を効率的に残すために、いろいろな女性とセックスしたがります。これは精子をバラまけば、それだけ種の保存の確立が高まるからです。一方、女性からすれば子供をみごもるわけですから、男性に逃げられるリスクがあります。この捨てられリスクを回避するために、女性は恋愛やSEXに『男性が自分を捨てないという確信』を得ようするのです。

 

もちろん、このテストは恋愛の段階から始まっています。男性が信頼を置けるかどうかを「生存本能の領域」から確かめているのです。ちなみに、原始時代の話を持ち出すと、不思議に思う方がいるかもしれません。しかし、人間の進化は恐ろしくゆっくりなので、現代人の脳は旧石器時代に最適化されたままなのです。したがって、現代の男性も女性も「カラダ」は原始的なのです。

 

つまり、女性がSEXに求めているのは「精神性」というよりは「男性への信頼性」なのです。具体的には、キスと愛撫をたっぷりと行い、愛しているということを言葉にして伝えましょう。

カテゴリ一覧