神波多一花のSEX教材

神波多一花(かみはたいちか)のクリトリス愛撫マスタープログラム、購入後のレビュー(3)

 

 

 

パート3:感度を高める3ステップ

 

 

 

このパートでは、クリトリス愛撫をより効果的にするための、女性の感度を高める方法を伝授。

 

前回のレビューでも触れた通り、実は女性はオナニーをする際にも「前戯」をしているそうです。

 

女性はセックスだけではなく、オナニーにおいても、前戯を必要とする生き物なのですね。

 

 

そこで、パート3では、感度を高めるための3つの手法がレクチャーされます。

 

前戯と言っても、女性がオナニーをするときの「前戯」なので、一味違います。

 

ひとことで言うと、クリトリスのためだけの「贅沢な前戯」、フルコースですね。

 

 

なにか特別な技術に思えますが、いずれもやり方は簡単で、誰にでも出来ます。

 

女性器周辺の感度を高めて、焦らしまでして、クリトリスの快感を何倍にもするでしょう。

 

クリトリスのことだけを考えた前戯を紹介しているマニアックな教材は本作だけのはずです。

 

 

以下、このパートで感心したこと、勉強になったことを挙げてみます。

 

 

  • 感度を高めるとは、具体的には血流をよくすることだと分かった。
  •  

  • 女性はオナニーの時でさえ、ムードにこだわるそう。
    そのため、一見快感とは関係のなさそうな●●を触ることで雰囲気が出る。
  •  

  • クリトリス愛撫の焦らしにのため、●●●でクリトリスをはさむという大胆手法をご提案。
    女性の身体のある部分でクリトリスをサンドウィッチして愛撫することで、焦らしになる。

 

 

【公式】>>>クリトリス愛撫マスタープログラム(講師:神波多一花)

 

 

パート4:女性をイカせる8つの指愛撫

 

 

 

本教材の山場となるパート。

 

8つのクリトリス愛撫が一挙に伝授されます。

 

 

一度の視聴ですべてをマスターするのは不可能なので、

 

気になったものから、ひとつひとつ覚えていくことになります。

 

 

まず、初めに、クリトリス愛撫をするうえでの3つの約束が提示されます。

 

3つとも基本的なことで、女性がオナニーをする時は、この3つをするそう。

 

そうしないと、女性自身が不快な思いをして、快感を感じられなくなるそうです。

 

 

しかし、男性がオナニーをする際に、この3つを行うかどうかと言うと、疑問ですね。

 

下手をすれば、セックスをする際にも、この3つを押さえているかどうかも怪しいところ。

 

かくいう私が、2つめを実行できていなかったので、とても反省することになりました。

 

 

 

また、クリトリス愛撫どころか、セックスをする上での前提になるのですが、

 

女性は●●によって性感の感じ方がまったく変わってしまうというのです。

 

女性がイケる日とイケない日があるのも、このタイミングのせいかもしれません。

 

特に、働いている女性なら●●はその日によって、まったく違ってくるので要注意。

 

 

この点も、男性はなかなか気づかないところで、女性ならではの視点でした。

 

やはり、女性が作っている教材なので、新鮮な驚きが随所に出てくるのです。

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、本教材の山場です。

 

ひとことで言えば、必殺技級のクリ愛撫8連発!

 

 

女性を「数分で」「何回も」「連続で」イカせるためのテクニックで、

 

実際に私のパートナーが5分で3回もイクことに成功!

 

筆者の自己記録を見事に更新。はっきりと成果が出てしまいました。

 

 

その8つの愛撫について、

 

ネタバレに細心の注意を払いながら解説します。

 


 

 

(1)●●の△から刺激する

 

 

クリトリスが敏感な女性には心地よい刺激になり、

 

刺激に慣れている女性には逆に焦らしになります。

 

この愛撫を続けていると、女性はオーガズムに達するそう(筆者が成功済み)。

 

 

刺激の際に、腕を●●して安定させると、愛撫がとても安定します。

 

腕への負担も軽減するので、疲れたり、翌日に筋肉痛になることもないです。

 

 

(2)●●●ング

 

 

指先でクリトリスを●●●する指技です。

 

女性が男性のペニスを愛撫するときには、

 

絶対にこのような動きをすることはありません。

 

 

動画で実演を見たときは、

 

果たしてこんな愛撫で快感を得られるのかと思いましたが、

 

思いのほか、私のパートナーは感じてくれたようですね。

 

 

そもそもクリトリスはある特定の部分に「点」として性感があるので、

 

このような変わった愛撫法も有効なのでしょう。奥が深いと感じました。

 

 

(3)●●●ング

 

 

これは男性のペニスにも有効な方法。

 

私は気持ちよくないですが、男性によってはお好きな方もいるでしょう。

 

女性の場合は、ほとんどの人が気持ちいいはずで、嫌いな人はいないはず。

 

 

私の実践検証では、とても反応の良かった愛撫法です。

 

おそらく、私のパートナーはこの方法でオナニーをしているかもしれません(笑)。

 

すごく簡単な方法で、すぐにできます。男性側の労力も最小限で済みますね。

 

 

(4)●く

 

 

やや刺激が強い方法。

 

クリトリスが敏感な女性には、力加減が必要な手法です。

 

同時に、繊細な動きになるので、少々、集中力が必要。

 

 

神波多さんいわく「身体の芯から湧き上がってくるような快感」が得られるそう。

 

私の検証でも、パートナーが深い呼吸をし始め「不思議な感じ」とのコメントを頂いた。

 

もしかしたら、乳首の愛撫にも使用できるかもしれないので、購入者は試してみて下さい。

 

 

(5)包皮●●●●

 

 

これは「クリトリス包茎」の女性には特に有効なテクニック。

 

また、経験の浅い女性、オナニーをしない女性も喜びます。

 

痛みを感じさせるリスクが極端に小さく、愛撫に自信がない男性にもオススメ。

 

 

私の検証で初めて、オーガズムに成功したのもこの指愛撫です。

 

パートナーいわく「一番好き」らしく、検証初日に連続でイッてしまいました。

 

大人のオモチャでは絶対に再現できない方法ですが、やり方は簡単です。

 

 

(6)●●●ング

 

 

一見、大人のオモチャのような刺激を与えているようですが、

 

指のある部分を有効利用しているので、オモチャとは、また一味違う。

 

 

独特の動きをするので、女性には新鮮なはず。

 

検証では、パートナーが一瞬驚きましたが、すぐに快感に身をゆだねくれました。

 

使う指を変えるだけで、敏感な女性にもそうでない女性にも対応できる指愛撫です。

 

 

(7)●●●で揉む

 

 

男性にはなかなか思いつかない大胆な発想。

 

しかし、神波多さんいわく「オナニーを始めたばかり女性がよくやる」らしい。

 

クリトリスが敏感な女性に特に有効らしく、●●●でクリをカバーするという独特な手法。

 

 

ただし、快感はそれほど強くはないと解説されており、

 

事実、検証においてもパートナーの反応は薄かった。

 

 

神波多さんの言うように「焦らし」がメインの目的で、

 

その後の期待感を盛り上げるのに使いたい指技です。

 

言葉攻めと併用すると、よりエッチなムードになるでしょう。

 

 

 

(8)●●●で振動を与える

 

 

こする行為を一切捨て去り、

 

振動と●●刺激を同時に行う独特な愛撫法。

 

ここぞというときに使う、必殺技級のスター選手。

 

 

 

●●という、一見、快感とは無関係の刺激を与えていますが、

 

私の検証ではパートナーが快感を得たのか「これをする人、初めて」とのありがたいコメントを頂く。

 

 

ただし、腕が疲れるので、腕筋がない人には、長時間の愛撫は難しいでしょう。

 

まさに一定時間しか使えない、破壊力抜群の必殺技ですね。

 

 

次回のレビューでようやくラスト。

 

>>>神波多一花(かみはたいちか)のクリトリス愛撫マスタープログラム、購入後のレビュー(4)

 

【公式】>>>クリトリス愛撫マスタープログラム(講師:神波多一花)