神波多一花の教材、後半の感想

神波多一花(かみはたいちか)のクリトリス愛撫マスタープログラム、購入後のレビュー(4)

 

 

 

 

 

パート5:クンニリングス

 

 

 

舌は指と比較して、クリトリスに対してソフトな愛撫をすることができます。

 

そのため、「クンニで興奮を高めて、指でイカせるという役割分担がベスト」と神波多さん。

 

 

本教材でポイントとしているのは、クリだけではなく、●●●や●●●も舐めるということ。

 

決して強い性感がある場所ではないので、素通りしている男性も多い場所なのですが、

 

ゆっくりと優しく舐めることで、女性の興奮度がグングン高まっていくというのです。

 

 

 

また、クンニの際には、●●するということが重要。

 

それ自体が気持ちいい行為というのもありますが、

 

クリトリスを大きく勃起させる効果があるというのです。

 

 

クリトリスも、男性のペニス同様に、

 

勃起をすれば快感を感じやすくなります。

 

 

 

このように、クンニには指愛撫のための「助走」としての役割があるのです。

 

もちろん、本教材でも、クンニでイカせるための必殺技も紹介されています。

 

 

しかし、女性がクンニを「興奮を高める」役割として位置付けたのは意外です。

 

やはり、男性と女性では、SEXにおいても微妙に認識が異なる場合があるのですね。

 

 

以下、このパートで感心したこと、勉強になったことです。

 

  • 包皮に対して、市販されているハウツー本とまったく異なるアプローチをしている。
    しかし、これまでいろいろな女性に試したが、本教材の考えの方が反応はいい。
  •  

  • クンニの際に、クリトリスの包皮をむく場合は、●●をする。
    私たち男性にクリはないので、これは言われなければ一生わからなかった。
  •  

 

【公式】>>>クリトリス愛撫マスタープログラム(講師:神波多一花)

 

 

パート6:クリトリスと膣の両方で感じさせる

 

 

 

このパートで紹介している指技は、

 

膣でオナニーをする女性がしているもの。

 

大半の女性はクリトリスでイクようですが、

 

この指技で新しい快感に目覚めるかもしれません。

 

 

さて、このパートでは大技が登場します。

 

「ブレンド・オーガズム」というもので、

 

クリトリスと膣内の性感帯の両方でイクという必殺技です。

 

 

複数の性感帯を同時刺激するので、

 

男性側には多少の集中力が必要になります。

 

同時に、ある程度、場数を踏む必要もあるはず。

 

しかし、成功すれば女性はより強い満足感を得られます。

 

 

その他、Gスポット刺激も登場するのですが、

 

市販されているハウツー本と手法が異なるのは、

 

女性がオナニーをするときのGスポット刺激を再現していること。

 

 

男性諸君で言えば、右手でオナニーする人が多数派なので、

 

左手ですると「他人にしてもらっている快感が味わえる」と言いますね(笑)。

 

私たち男性の大半は、”左手”でGスポット刺激をしてしまっているのです。

 

 

ですから、この教材の方法を使えば、

 

女性がオナニーをするときと同じ刺激が可能です。

 

経験豊富(=自慰をよくする)女性には特に有効な手法ですね。

 

 

以下、このパートで感心したこと、勉強になったことを挙げてみます。

 

  • 女性の●●が快感に影響するということ。
    特に日中働いている女性は●●変化しやすいので、この点を知ると、よりイカせやすい。
  •  

  • Gスポットで快感を得られない女性でも、
    ●●●●●との愛撫を組み合わせると感じやすくなる。
    性感帯との組み合わせによって、感じずらいものが感じやすくなるという指摘はすごい。
  •  

 

【公式】>>>クリトリス愛撫マスタープログラム(講師:神波多一花)

 

 

パート7:マニアック編

 

 

 

本教材の最終パートで、上級者向けのクリトリス愛撫のテクニックを伝授。

 

しかし、ここでの上級者とは「テクニシャンの男性」を指しているのではなく、

 

女性のオナニー上級者という意味です。

 

あくまで、この教材は女性がしているオナニーを前提にしているのですね(笑)。

 

 

マニアック編という題名のように、万人向けのテクニックではありません。

 

びっくり仰天の愛撫法もあるので、これまで紹介した正攻法の愛撫を習得してから、

 

新鮮味を出したり、一風変わったことをやりたいときに試して頂きたい手法ばかり。

 

 

それらのマニアック愛撫法から、

 

とりわけ気になったもの、感心したものを挙げてみます。

 

 

 

・●の表面で愛撫する

 

 

男性の身体のある部分を使って愛撫する、

 

常識では考えられないようなテクニックです。

 

 

女性に強い刺激を与えられるメリットがあり、

 

それゆえに男性に慎重さが求められる愛撫。

 

 

ソフトな刺激、ハードな刺激というように、

 

メリハリをつけるにはとても役に立ちそうです。

 

 

 

・電マを●●●に使う

 

 

この技術に関しては、マニアックどころか、

 

電マの教科書的な使用法。

 

 

電マを使ったことのある男性もいらっしゃると思いますが、

 

実はAVでよくやる使い方は女性にとっては不快なのです。

 

 

かといって、ここで紹介している使用法ですと、

 

アダルトビデオとして「絵」にならないのです。

 

それゆえに、この使用法は広まらなかった。

 

 

さて、この教材のやり方をパートナーに試したところ、

 

電マ嫌いだった彼女が「これなら、電マでもいい」とコメント。

 

 

オモチャを買ったはいいが、

 

パートナーに「そういうのは嫌い」と言われた私にとっては、

 

SEXライフが根本から変わりました。本当にありがとうございます。

 

 

 

・●●●●を使った愛撫

 

 

100円ショップで売っている「あるもの」を使った愛撫法。

 

まさか、これをクリトリス愛撫に用いるとは・・・アイディアの勝利です。

 

人間の指よりも大きな摩擦を実現できる、驚きのSEXハックですね。

 

 

このグッズ自体が、いろいろなバリエーションを持っているので、

 

クリトリス愛撫に用いればさまざまな種類の快感を簡単に与えられます。

 

 

 

・●●●を使ってクンニをする

 

 

本教材の中で、腰が抜けるほどビックリしたテクニック。

 

まるで、マルキド・サドの小説に出てきそうな官能的な技術

 

(実際に、サドの作品に出てくるかどうかは私は知りません)。

 

 

効果としては性器自体の血流がグンと良くなります。

 

また、その行為自体が官能的なので、ムードも出ます。

 

魔法のような方法ですが、加減を気を付けないといけません。

 

 


 

 

以上、神波多一花さんのクリトリス愛撫マスタープログラムのレビューでした。

 

長いレビューになりましたが、最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

正直、クリトリス愛撫だけで教材ができるのか?と、

 

内心ひやひやしながら購入したことを覚えています。

 

 

しかし、制作側のリサーチと想像力のたまものなのか、

 

クリトリス愛撫だけで、ここまで広げられるとは思わなかった。

 

職人技の領域で、間違いなくこの教材でしか見られない希少性のある内容。

 

 

 

おそらく、収録しきれなかったネタがあるのではないかと疑ってしまう。

 

もちろん、出し惜しみしている印象はなく、「だしきった感」は満点です。

 

本教材の内容をマスターすれば、間違いなくクリ愛撫の達人になれます。

 

 

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございます。

 

あなたのSEXライフが充実することを、お祈りしています。

 

 

 

【公式】>>>クリトリス愛撫マスタープログラム(講師:神波多一花)