フェザータッチの基本

本当に気持ちいい愛撫のやり方

 

 

 

愛撫は男の技術の「見せどころ」です。触れるだけで女性が身体をのけぞらせたり、場合によってはオーガズムを得ることもあります。以下の3つが、極上の愛撫をするポイントです。

 


(1)神経が集中している場所(性感帯)を

(2)フェザータッチで

(3)産毛を逆立てながら 円を描きながら触る

 

(1)神経が集中している場所(=性感帯)

 

「【図解】女性の性感帯の場所」でも解説しましたが、性感帯とはズバリ「神経が集中している場所」です。下図が示す場所が、女性の主な性感帯です。しかし、神経や感覚器官の分布には個人差がありますから、敏感な場所は女性によって異なります。やはり、個人差があるのです。

 

したがって、下図はあくまで参考であり、その女性のツボは男性が探すしかありません。なんとなく愛撫をするのはNG。つねに女性の反応を観察し、本当に気持ちい場所を探って下さい。

 

 

(2)フェザータッチ

 

 

愛撫を極めるにはフェザータッチの習得が必須です。フェザーとは「羽毛」の意味です。すなわち、フェザータッチとは『指先で羽毛のように優しくかすかなタッチ」という意味です。

 

やはり、人間の肌は繊細なので、優しくタッチする方が心地よいです。そのため、フェザータッチのような繊細な触り方こそが愛撫には適しています。産毛を逆撫でして、神経を適度に刺激できるからです。以下が、フェザータッチのやり方です。

 


■フェザータッチの作り方

(1)マウスを握る手を作る。

(2)指と指の間を均等にあける。

(3)なるべく力を抜く。


 

マウスを軽く握って、力を抜いて下さい。そのままマウスから手を放しましょう。卵を軽く握るイメージです。決して力を入れずに、指同士を均等に空けましょう。これでフェザータッチの完成。

 

このフォームで、指の腹を使って愛撫することになりますが、忘れてはいけないのが「手のケア」です。カサカサの指はNG。ハンドクリームを使ってなめらかにしましょう。また、ツメは「指の腹」の内側まで切りましょう。普段からのハンドケアも心地よい愛撫を実現するためには必要です。

 

 

   

 

 

(3)産毛を逆立てながら、円を描きながら触る

 

 

フェザータッチのコツは、産毛を逆撫ですることです。産毛に逆らうようにして指を動かす方が、神経が刺激され、快感の度合いも強くなります。基本的に、人間の身体は上から下に向かって毛が生えています。水滴を身体に残さないためです。

 

例えば、背中であれば、腰から首に向けてフェザータッチで触ることになります(右写真)。この際、「円運動」が基本です。一度に首まで到達するのではなく、4秒間で1つの円運動を行い、それを繰り返します。「1、2、3、4、クルッ」です。

 

 

4秒間で1つの円を作ることで、ゆっくりとした愛撫を一定のペースで行えます。一定のペースでゆっくり愛撫することで、安定した心地よさが生まれるからです。重要なのは、指の腹を使って、触れるか触れないかの微妙な感覚で行うことです。産毛だけを逆なですることで、独特の快感を与えることが出来るからです。以下が、フェザータッチの具体的なやり方になります。

 


■フェザータッチ愛撫のやり方


(1)身体の下側から上側に向けて、指の腹を使って触る。

(2)この際、触れるか触れないかの感覚で行う(産毛のみに触れるイメージ)。

(3)円運動で行う。

(4)1つの円を作るのに4秒間(スロースピードで行う)

※円運動を行えない場合は「往復運動」を行うが、産毛を逆なでする要領は同じ。


 

なお、SEX終了後に後戯をする際にもフェザータッチは使えます。ただし、この際は産毛の流れにそって愛撫しましょう(身体の上側から下側)。あえて、快感の度合いが小さい愛撫をすることによって、女性の気持ちを落ち着けることが出来ます。このように愛撫の方向を変えるだけで快感の度合いもコントロールできるのです。愛撫と産毛の関係について覚えておきましょう。

カテゴリ一覧