女性が感じているか見分ける方法

セックス上達のコツは「観察力」

 

 

 

 

 

加藤鷹氏は、その著書『エリートセックス』 (幻冬舎新書)で「SEXが上手になるには女性の身体を知ること」と述べています。そのためにも「女性の身体を観察することが必要」と強調しています。なぜ観察が必要なのでしょう?

 

万人に通じるセックステクニックはないからです。ひとつのテクニックが、Aという女性には効いても、Bにはまったく効かないということもあります。セックスのやり方にも個人差があるのです。その女性によってまったく異なります。

 

加藤鷹氏は、このことを踏まえて、「テクニックはあくまでも『ソフト』」と述べています。本来、セックステクニックは、相手の心を読む読解力や観察力という「ハード」の上に成り立つもので、
ソフトだけを学んでも意味がない、そう強調されています。パソコンで言えば、OSがインストールされていないのに、Windowsというソフトをインストールしようとしているものです。無意味ですね。

 

具体的な「観察」の方法

 

女性の身体を観察する上で「女性の感じたフリ」「演技」は大きな障害です。しかし、女性の身体には演技でも隠し切れない変化があります。以下で、加藤鷹氏の著書から引用してみます。

 


まず、クンニをしながら、顔をちょっと上げて、女性の顔を見る。



そして、自分の目と女性の顔を結ぶ直線ラインに視点を移してみるのだ。


たったそうするだけでも、そのライン上に無数の情報源があることに気づくのだ。



 

自分の目と女性の顔を結ぶラインの間には、胸やお腹がある。

まずは、この胸とお腹の動きを観察することで、女性がどんなふうに変化しているかがわかる。


本当に気持ちがよければ、お腹がひくひくと動いている。

胸で浅く呼吸していたのが、だんだん深くなり、腹式の深い呼吸へと変わってくるのだ。



幻冬舎新書 加藤鷹 『エリートセックス』P.23 より引用


 

上記の場合は、(1)お腹がひくひく動く(2)呼吸が深くなる(腹式呼吸)という変化がありますね。呼吸は「生理的変化」ですから、隠しようがありません。このような演技では見せられない、生理的な変化が観察するべきポイントです。以下が、セックスにおける「生理的変化」「無意識の反応」の代表例です。

 


■生理的変化、無意識の反応


● 浅い呼吸が、深い呼吸へ変わる。胸式呼吸→腹式呼吸。

● お腹がひくひくと動く。

● 首筋に力が入って筋張ってくる。

● 体温が上がり、じんわりと汗ばんでくる。

● 男性の体のどこかをつかむ、引き寄せる、まさぐる。


 

特に、女性がごまかせないのは「汗」です。背中や太ももの裏側、ひざの裏などにじっとりと汗をかいているか、さりげなく確認してみましょう。その他、上記のように「呼吸」「筋肉の緊張」「体温」「(無意識のうちに)男性の身体にしがみつく」などの反応にも着目しましょう。これだけでも、かなり見えてくるはずです。

 

その女性は何を求めているのか? 〜いろいろなボールを投げよう〜

 

繰り返すように、どのテクニックが有効なのかは、女性によって異なります。したがって、その女性が何を求めているのか?を探るには「いろいろなボールを投げること」です。乳首だけでなく、指や足の裏、膝の下も舐めてみる。右の乳首だけでなく、左の乳首も舐める。

 

いろいろな愛撫をしながら、観察をするのです。結局のところ、SEXは「玉を投げて、反応を見て、もう一度確かめて、確信を得て、さらにもう一度反応を見る」の繰り返しです。
これを何か月も繰り返して、繰り返して・・・ようやく女性のことが分かるのです。いろいろな愛撫をして、じっくりと女性を「観察」する・・・これがSEXが上達するためのコツです。

カテゴリ一覧