内ももは立派な性感帯

感度抜群!脚の愛撫のやり方

 

 

 

 


■脚・足の愛撫のポイント


●愛撫する場所は「内もも」「ひざ裏」「ふくらはぎ」「足の裏」の4つ。

●一般的に敏感なのは、性器に近い「内もも」。ただし、個人差はあるので、一概には言えない。

●やはり、足は汚れる場所。女性は、足を舐められることに抵抗があるので、フォローが必要。


 

(1)「内もも」をだ円を描くようにして愛撫する。

 

内ももは、だ円を描くようにして愛撫します。四本指を使って触れるか触れないかのフェザータッチで行います。

 

敏感な女性は腰をのけぞらせる場合があるので、片手で押さえましょう。もしも、くすぐったがる場合は、愛撫をする場所を外側にズラしましょう。ある程度、緩和されるでしょう。

 

特に敏感なのは「内ももの付け根」です。性器の周辺は神経が集中しているので、ここも性感帯です。したがって、だ円を描く際に、この部分を必ず通過するようにしましょう。

 

指でじっくり愛撫した後に、舌を這わせます。舌全体を使って、だ円を描くようにしてクルクル舐めます。指と舌、どちらが感じるかは女性によるので、相手の反応をうかがって使い分けます。

 


 

(2)実は性感帯!?「ひざ裏」の愛撫する。

 

膝の裏を愛撫する男性はほとんどいないでしょう。しかし、意外なことに、敏感な女性はとことん感じる場所なのです。

 

内ももを舌で愛撫したら、そのまま下って、膝へ移ります。膝を曲げたときに線になるラインに沿って舌を這わせます。

 

舌を横に使いながら、微妙に左右に動き、ひざの裏全体を舐めましょう。勿論、初めは指⇒舌でも構いません。あまり、反応がない場合は軽く済ませるようにしましょう。

 

 


 

(3)「ふくらはぎ」「足の裏」を愛撫する。

 

じっくりと膝の裏を愛撫したら、そのまま舌をふくらはぎに下らせます。だ円を描くようにして、舌を這わせます。それほど敏感な場所ではありませんが、足の裏へ続くことのサインになるので、このプロセスを飛ばさないようにしましょう。

 

じっくりふくらはぎを愛撫したら、足の裏へ舌を這わせます。「つちふまず」を中心にして、円を描くようにして舐めます。
足の裏は皮が厚いので、舌全体で強めに愛撫しましょう。

 

 

また、踵(かかと)から指先へと舐め上げるのも良いです。女性から良い反応が得られたら、足の指先を口に含み、指と指の間を縦の運動で舐めます。さすがに強烈ですが、効く女性には効くのです。ただし、嫌がる女性はとことん嫌がるので、その場合は行為を中断しましょう。

 

ちなみに、ご存じの通り、足は汚い場所です。当然、女性は足を舐められるのに抵抗があります。そのため、シャワーやお風呂で身体をキレイにしてない場合は、足愛撫はマナー違反。そのため、足の裏を舐める際は「キレイだ」「におわない」などの言葉でフォローするべきです。

カテゴリ一覧