Gスポットを刺激できる体位とは

Gスポットを刺激するピストン運動

 

 

 

 


■Gスポットで快感を与えるためのポイント


●Gスポットを効率的に刺激できる体位は3つ。「後背位(バック)」「屈曲位」「腰高正常位」

開発が必要であり、経験の浅い女性は「痛い」ことも。この場合は、ゆっくりと開発をする。

●Gスポットは、男性の前立腺に相当する。

 

 

残念ながら、通常の正常位ではGスポットを刺激できません。人間がサルであった頃、セックスの体位は「後背位(バック)」が中心でした。しかし、二足歩行をするようになり、正常位をするようになったのです。

 

そのためなのか、Gスポットの位置も後背位(バック)が効率的に刺激できるのです。その他、屈曲位(女性の脚を男性の肩に乗せる正常位)、腰高正常位もGスポットに有効です。この3つの体位を覚えましょう。

 

 

ただし、Gスポットは開発が必要な性感帯のひとつです。経験の浅い女性は、膣内の他の部分と同様に、鈍感な場合もあります。それどころか、痛い場合もあるのです。そのため、手マンで繊細な愛撫をして、地道に開発しましょう。いずれは性感帯として目覚める可能性があります。

 

ちなみに、Gスポットは男性の前立腺に相当すると考えられています。前立腺は「男のGスポット」と表現されており、独特な快感があることで知られています。女性のGスポットもこれに近い可能性があり、「体から力が抜けるような快感」という表現がしばしば用いられています。

カテゴリ一覧