Gスポット、ポルチオを効率的に刺激する

後背位(バック)のやり方

 

 

 

 

後背位は、Gスポットを刺激するにはベストな体位です。また、深く挿入しやすくポルチオも狙えるので、快感を追及するにはピッタリの体位ですね。そもそも人類が二足歩行していた頃は、バックスタイルで性行為していました。そのため、バック体位は快感を得られやすいという指摘があります。

 

事実、Gスポットの位置はバック挿入にピッタリな位置です。もちろん、Gスポットへ効率的に刺激を与えるには工夫が必要です。また、後背位を嫌う女子もいるので心理的なケアが必要ですが、快感を得るにはもってこいの体位なのです。

 

快感が得やすいバック

 

 

アダルトビデオのような四つん這いのバックスタイルでも構いませんが、さらに快感を得るのなら一工夫が必要です。まず、女性に脚を大きく開かせて、体勢を低くさせましょう。

 

女性の上半身をベッドにつけて、腰とお尻のみを上げる体勢にします。こうすることで女性の身体は安定して、男性も挿入しやすくなるのです。このまま上から下に串刺しにするようにピストン運動をしましょう。Gスポットに的確に当たります。

 

また、この体位では、男性の睾丸(タマ)がクリトリスに当たるので、「Gスポット+クリトリス」での快感が得られます。

 

バック嫌いの女子へのケア

 

その野性的なイメージからか、バック嫌いの女子がいます。女性誌のアンケートに目を通すと「恥ずかしい」「相手の顔が見えないので不安」「下品」などの声があるのです。さんざんですね。

 

とりわけ「顔が見えない」は多く見られました。この場合、男性がバック中に女性の片腕をつかみ、こちらを振り返させます。こうすることで不安も和らぐでしょう。また、下品なイメージに抵抗がある女子には、お尻をナデナデしながらピストン運動をしましょう。愛情表現をすることで、野性的なイメージを和らげることが出来ます。ちょっとした工夫で、バックのイメージも良くなるのです。

 

ちなみに、バック好きな女子のためのテクニックにもあります。鏡の前でバックをして、お互いの恥ずかしい姿を見ながらエッチをします。こうすることで、二人の興奮が高まるので、よりセックスが充実したものになるでしょう。ラブホテルの洗面所などですると、おおいに盛り上がりますよ。

カテゴリ一覧