愛情表現ができる体位

対面座位の基本とやり方

 

 

 

 

対面座位は快感を得るためではなく、スキンシップのための体位です。男女が真正面から向き合うため、肌の密着度が高く、お互いに両手が空くので愛撫もしやすいのです。

 

また、激しい動きが困難なので、男性の持続力は必要ではなく、ペースダウンにうってつけの体位です。そのため、SEX全体の緩急をつけるのにも、取り入れる価値があります。

 

やはり、女性はスキンシップを好みますし、愛情表現を受けたいのです。男性側も癒しの効果を得られるのでしょう。

 

基本

 

 

まず、男性が軽く股を開いて、あぐらをかきます。女性が男性の上にまたがり、膝を床につけます。ここで膝を立てると、女性が「上下運動」のピストン運動をしなくてはなりません。太ももの筋肉を酷使するので、疲れてしまうでしょう。

 

そこで、膝は床につけることで「前後運動」を可能にするべきなのです。負担が軽減されるので、より快適な座位が楽しめるでしょう。やはり、騎乗位のような上下運動の体位では、女性もシンドイのです。座位の基本は「前後運動」なのです。

 

 

また、座位の醍醐味は「愛情表現」です。両手を使って、女性を抱きしめたり、背中や腰、おっぱいを愛撫しましょう。密着度を重視するなら、ギュッと抱きしめ合いながらピストン運動をするのも良いでしょう。また、真正面から向き合うので、見つめ合ったり、キスをするとロマンチックです。

 

その他、テクニックとしては、女性が床に両手をついて、身体を後ろに反らすと、Gスポットに当たりやすくなります。また、ペニスを奥まで挿入すると、男性の恥骨がクリトリスに当たるので、より快感が高まります。座位でのオーガズムは難しいですが、ある程度の快感は得られるのです。

カテゴリ一覧