魅惑のマットプレイ

ローションプレイのやり方

 

 

 

今回は、ローションプレイについて記述しますが、主に「マットプレイ」を取り上げてみます。

 


■マットプレイのやり方



(1)マットがあるラブホテルへ行く。


(2)洗面器を用意。ローションとお湯を入れる(比率はお湯2:ローション1)。


(3)湯船に適温のお湯を入れる(プレイ終了後に洗い流すために)。


(4)男性がマットにうつ伏せになる。


(5)女性がローションを身体中にかけ、余ったローションを男性の背中にかける。


(6)マットプレイをする。


(6)男性が仰向けになる。


(7)マットプレイをする。



※なお、膣用ローションでない場合は、膣内に流入しないよう注意。炎症などの危険があります。


 

男性がうつ伏せのマットプレイ

 

うつ伏せのマットプレイの流れは以下になります。「おっぱいで背中を愛撫」→「外陰部で背中を愛撫」→「乳房でお尻を愛撫」→「手で睾丸(タマ)とペニスを刺激」→「お尻でお尻を愛撫」→「外陰部でペニスを刺激」。上から下へ行くのです。

 

 

当然、女性は、上記のテクニカルな流れは分かりません。男性が優しく誘導することが、マットプレイ成功の鍵です。「こうして」「ここは、こう」というように声掛けするのです。

 

男性が仰向けのマットプレイ

 

仰向けのマットプレイの流れは以下になります。「おっぱいで胸板を愛撫」→「外陰部で胸を刺激」→「おっぱいでペニスを愛撫」→「おっぱいで足の裏を愛撫」→「おっぱいと外陰部で脚を愛撫(松葉崩し)」→「後ろ向き素股」→「素股」です。

 

うつ伏せと同様に、上から下です。やはり、難しいのが「素股」です。後ろ向きの素股は、実質は尻コキですから、技術的には難しくありません。しかし、素股になりますと、やり方によって痛いので、男性側からていねいに誘導しましょう。

 

ローションの選び方

 

身体に使うローション、膣内に使うローションは別物です。前者は、身体に使うので成分が粗悪でも影響はありません。しかし、膣内ですと、成分によっては炎症を起こす危険性がありますし、粘り気の強さにはよっては洗い落とせないのです。

 

したがって、膣用ローションでない限りは、膣内に使用しないで下さい。ちなみに、当サイトでマットプレイで推奨するローションは「ペペローション」です。ポリアクロン系のローションは粘り気が強く、乾きづらいのです。やはり、ネバネバ感が強い方が、プレイも楽しめますね。専門店だけでなく、ドラックストアでも手に入ります。

カテゴリ一覧