皮オナニーと亀頭オナニー

男性の性交痛を解消する方法

 

 

 

 

男性の性交痛とは、亀頭の痛みを指します。仮性包茎の方に圧倒的に多く、亀頭が包皮がかぶったままのオオニーを覚えてしまったため(皮オナニー)、いざSEXとなると痛いのです。亀頭が敏感過ぎるのです。

 

フェラをされても痛い、手●キをされても痛い。でも、コンドームをしてフェラや手●キをしてもらえれば気持ちいい。これはコンドームが包皮の役割を果たしてくれるからです。心当たりのある男性も少なくないでしょう。

 

 

こればかりは亀頭を鍛えるしかありません。 しかし、いきなり亀頭を露出させたオナニー(亀頭オナニー)をすると激痛が走ります。そこで、ローションとガーゼを用意しましょう。ローションをガーゼに染み込ませ、ペニスの亀頭を包み込むのです。

 

ガーゼはやわらかく、また、ローションが乾く心配もありません。このソフトなオナニーを習慣にして、亀頭を鍛え上げるのです。上質な快感が得られるので、この点でもオススメです。その他、経済的に余裕があるのなら、ソフト系のオナホールも選択肢のひとつ。ユルい系ですと、亀頭への負担も小さいので、非常に有効です。

カテゴリ一覧