ドライオーガズムの危険性

前立腺マッサージの危険性

 

 

 

 

前立腺マッサージとは、肛門に指を挿入して4〜5センチほどにある、10円硬貨ほどの大きさの少し硬い部分(前立腺)を刺激することです。これによって、ドライオーガズムー射精を伴わない絶頂が得られるのです。

 

一部には、専門の風俗店があり、やみつきになる男性もいるようです。しかし、前立腺マッサージ愛好者には深刻な後遺症が生じるケースも確認されています。具体的には、「前立腺炎」「自律神経失調」などです。日常生活が困難になり、通院している方もいます。

 

 

そもそも、医学的には前立腺は未知の領域です。簡単に言えば、よくわかっておりません。したがって、これから解説することは、管理人個人がインターネットで収集した情報に過ぎません。

 

前立腺の付近は交感神経や副交感神経が分布しています(事実)。そのため、自律神経系になんらかの影響を与えている可能性があります(推測)。そのため、自律神経失調症になったり、あるいは脳に影響を与えているのかもしれません(推測)。もちろん、事実はわかっていません。

 

ネットユーザーの声を拾い上げていくと「勃起が困難になった」「性欲を抑えられなくなり、日常生活に支障をきたした」「イスに座っているだけで快感になる」「エッチなことを想像しただけでイッてしまう」「常に興奮状態にある」「仕事あるいは会社を辞めた」など、極めて重大な事案です。

 


 

前立腺開発したら日常が崩壊した・・・

 

アナニー極め過ぎて悟り開いたら人生オワタ件について

 

エネマグラによる前立腺開発、およびドライオーガズムの後遺症と闘い、研究するブログ

カテゴリ一覧